岡山で不動産投資・賃貸経営をサポート 〒703-8282 岡山市中区平井5丁目7-39 9:30〜18:30(定休日:水曜日・祝日)
LINEで相談
お問い合わせ
TOP > 不動産ハックブログ > 不動産ニュース情報 > 【書評】マイケル・ポーターの競争の戦略 〜競争に勝つためにはどうすべきか?

【書評】マイケル・ポーターの競争の戦略 〜競争に勝つためにはどうすべきか?

2017.11.17

不動産ニュース情報

マイケル・ポーター氏の「競争の戦略」という書籍を読んだので、簡単にアウトプット。

競争に勝つためには、どうするか?

今までは売り手市場となんでも言われてきましたが、競争が激化する中、企業はあの手この手で投資を行ってきています。

その攻め方のは3つあります。まず、

①コストリーダーシップ戦略

こちら「低価格戦略」ですね

しかし、薄利多売になり、売り手の相場を下げるだけです

②差別化戦略

ここで、差別化を図り、価値を高める、「バリューアップ」で一歩抜き出でる。

③集中戦略

ある特定の分野に経営資源を投資し、得意分野を創る。

地域一番店、〇〇商品しか扱わない店、女性スタッフしかいない店

どの戦略を選ぶべきか?

この中で②の差別化戦略が最も汎用性がある、と言われています

しかし、私は③の集中戦略が生き残る戦略だと考えています。

②の差別化といっても、いつかはマネされます。

また、陳腐化も倍速にはやまっています。

①は論外として、②に取り掛かるうちに、新しい商品が生み出されています。

つまり、

③で「何を」集中的にやるかが、成功のカギであり、

その選定がこれからの生き残る術となります。

最後に

最初にやってしまえば、とりあえず、一番になれます。

「何を」する・・・・。

私の中では決まっていますが、

あなたの事業領域は何ですか?

この記事を書いた人

柴山 貴志

株式会社キータウン 代表取締役
CPM®(米国公認不動産経営管理士)

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)

Contact

不動産に関することなら何でも、お気軽にご相談ください。

キータウンにできることを誠心誠意ご対応いたします。

また、ご意見ご質問等も承っております。

キータウンに相談する

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)