岡山で不動産投資・賃貸経営をサポート 〒703-8282 岡山市中区平井5丁目7-39 9:30〜18:30(定休日:水曜日・祝日)
LINEで相談
お問い合わせ
TOP > 不動産ハックブログ > 不動産ニュース情報 > 不動産をビットコインで購入が出来る!仮想通貨ビジネスで不動産業界がどう変わる?

不動産をビットコインで購入が出来る!仮想通貨ビジネスで不動産業界がどう変わる?

2018.01.24

不動産ニュース情報

仮想通過市場が大いに過熱している。

2017年は仮想通過元年といわれるだけあって、12月には過去最高の2万ドルとなり、1年で1300%の上昇率を記録しました。

しかし、ビットコインを保有してる97%は所有勇者のおよそ4%と発表され、「企業の8割の売上は2割の従業員で作られている」、いわいる、【パレートの法則】以上に、ビットコインはお金持ちの遊び場であることが示されました。

そんな過熱する仮想通過市場に、またまた「イタンジ」がやってくれました。

ビットコインで不動産売買が可能に

ヘヤジンコイン:仮想通過で不動産取引決済可能

まだ、関東の物件しか取り扱いしていないらしいですが、2018年9月までに物件掲載数を1000件を目標にしているとのことです。

実際の物件サイトでは、日本円価格は変動せず、ビットコインの数量がリアルタイムに変動しています。

サイトの作りとしてはシンプルで、個人的には物件が増えることで不動産市場が活性化することに期待しています。

不動産をビットコインで決済できると何が変わるのか?

買い主のメリット

買主のメリットとしては、

ビットコイン不動産を購入できる(当たり前だが(笑))

前述で示した、4%に含まれているなら、不動産に資産転用するかもしれませんが、そもそもビットコインで資産を拡大した億り人は、果たして不動産に転用するのか疑問です。

また、ビットコインで収益が確定したなら、税金が付加され、更に、不動産購入の際に、不動産取得税が不可され。。。

結局のところ、

ビットコイン→円

換金する際の手数料が削減されるだけなのかなぁ、と思ってしまいます。

売り主のメリット

売主のメリットとしては、

不動産をビットコインに資産転用ができる(こちらも当たり前(笑))

現在、不動産収益物件の利回りが8%~12%、ぼろ物件なら20%超えもありますが、ビットコインは今のところ、未知の領域でこの1年はまだ上昇するといわれています。

つまり、

不動産<ビットコイン(仮想通過)

という、見解を持っている投資家にとって、素晴らしいツールになります。

 

ただ、株と同じで、ハイリスクハイリターンの ”投機”になります。

不動産はミドルリスクミドルリターンです。

※不動産も”投機”目的で行う投資家はいますが、しっかり数字を見れば、”投資”目的で行うことができます。

最後に

この一年以内に仮想通過取引のプラットホームが確立すれば、一気に拡大するかもしれません。

しかし、私のお付き合いしている不動産投資家の方々は、そこまで仮想通過に興味がない人が多いです。

今後のイタンジさんに注目です(#^^#)

この記事を書いた人

柴山 貴志

株式会社キータウン 代表取締役
CPM®(米国公認不動産経営管理士)

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)

Contact

不動産に関することなら何でも、お気軽にご相談ください。

キータウンにできることを誠心誠意ご対応いたします。

また、ご意見ご質問等も承っております。

キータウンに相談する

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)