賃貸・売買・管理 不動産のことなら 株式会社キータウン

TOP > ブログ > 不動産ニュース情報 > AIに市民権が?!ロボットに家(不動産)の住民票は必要なのか?

AIに市民権が?!ロボットに家(不動産)の住民票は必要なのか?

  • 2017.11.03
  • 不動産ニュース情報

世界初の市民権を得たアンドロイド「ソフィア」

先週、リヤドで開かれたコンベンション「Future Investment Initiative」で明らかにした。

ハンソン・ロボティクス社創始者のデービッド・ハンソン氏が開発したソフィアは、魅力的な笑顔と印象的な瞳を持つ人間そっくりのロボットで、オードリー・ヘップバーンに似せて作られている。

一方、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、AIに対する懸念を表明。この技術を扱う専門家は、それが安全であることを保証し、人権を尊重しなければならないとしている。

引用:ロイター

サウジアラビアは先日、世界初の市民権を得たアンドロイド「ソフィア」を発表し世界中で注目を集めました。

ソフィアは人間をも脅かす存在になるAIで、今後、このようなAIが一家に一台、一人に一台になるでしょう。

また、市民権を取得したってことは、そのAIの所在が必要になってるくかもしれません。

例えば、

警察の尋問で「あなたはどこに住んでるの?」と、聞かれると、AIは住んでいる住所を言うでしょう。

つまり、それを証明する為の住民票にとってかわる”何か”で証明しなければなりません。

大量に生産されると、AI専用の住居(事務所)も必要になるかもしれません。

 

そうなれば、AIを管理するモノの仕事が発生します。

管理という仕事はなくなることは無さそうですね(笑)

 

空室がAIの部屋になれば、空室対策になるのにな~と、淡い期待をしています。

ぼやきでした(笑)

 

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

Share この記事をシェアする

Writer この記事を書いた人

柴山貴志

株式会社キータウン 代表取締役

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

この人が書いた記事をもっと見る

お問い合わせ

Contact

岡山県内ならどこでも無料で
出張・相談いたします

少しでも気になることがございましたら、お気軽にご予約・ご相談ください。
また、ご意見・ご質問等も承っております。
下記のお問い合わせフォーム、またはお電話でお問合せください。

電話でご相談

086-230-1143いい資産

9:30〜18:30
(水・祝日定休)

メールでご相談

オンラインによるご相談も可能です。
まずはメールにてご予約ください。

でご相談

忙しい方でも気軽に、
スピーディーなやりとりが可能です。