岡山で賃貸管理・不動産投資をサポート 〒703-8282 岡山市中区平井5丁目7-39 9:30〜18:30(定休日:水曜日・祝日)
LINEで相談
お問い合わせ
TOP > 不動産ハックブログ > 不動産ニュース情報 > 積水ハウスの「偽造書類に63億円」詐欺事件に見る、ハウスメーカーの 穴と今後の対策について所感

積水ハウスの「偽造書類に63億円」詐欺事件に見る、ハウスメーカーの 穴と今後の対策について所感

2017.08.20

不動産ニュース情報

積水ハウスに行われた詐欺の概要とは?

積水ハウス、登記できず…「偽造書類に63億円」

積水ハウスは2日、分譲マンションの建設用地として購入した東京都内の土地代金の大半に当たる63億円を支払ったのに、所有権移転の登記ができなかったと発表した。同社は、書類を偽造し他人の土地を無断で売却する犯罪に巻き込まれた可能性が高いとして、警察に被害届を提出した。

積水ハウスが契約している不動産業者が土地所有者から購入し、直ちに積水ハウスに転売する形式の取引。積水ハウスは6月1日に63億円を契約業者に支払い、法務局に所有権移転の登記を申請した。しかし所有者側が提出した書類に偽造が見つかったため、同月9日に登記申請が拒否されたという。

積水ハウスは「警察の捜査に全面協力するとともに、支払い済みの代金の回収手続きに注力する」とコメントしているが、契約業者から購入代金の支払いを受けた所有者側とは連絡が取れなくなっているという。

引用:産経

 

ざっくりまとめると

不動産業者が集団で積水ハウスに63億円の詐欺行為を働いたということになります。

具体的内容内容としては、

  • 1.他人が所有している不動産を偽造文書にてお金をだまし取る。
  • 2.印鑑証明書取得時に「なくした」といって、新たな印鑑証明書を発行(既存の印証明書は無効)
  • 3.取引時には、偽造文書がどうか当事者もわからない、というか判断できない

ということになります。

感想として

詐欺を行う人は悪い人間だと思います。

それより、詐欺を行う人は本当に賢いとも思います。

盲点を見つける人って、頭の中がスマート。

素晴らしい。

でも、犯罪はNG

これから、偽装文書が取引時に把握できるためのシステム・仕組みを変更するらしいですね。

まっ、対策の上に、更に詐欺師は先を行くと思いますが。。

ボソッと言ってみました。(笑)

この記事を書いた人

柴山 貴志

株式会社キータウン 代表取締役
CPM®(米国公認不動産経営管理士)

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)

Contact

不動産に関することなら何でも、お気軽にご相談ください。

キータウンにできることを誠心誠意ご対応いたします。

また、ご意見ご質問等も承っております。

キータウンに相談する

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)