岡山で不動産投資・賃貸経営をサポート 〒703-8282 岡山市中区平井5丁目7-39 9:30〜18:30(定休日:水曜日・祝日)
LINEで相談
お問い合わせ

IT重説解禁!重要事項説明書のオンライン化で不動産を借りる時どうなる?

不動産ニュース情報 17/09/21
TOP > 不動産ハックブログ > 不動産ニュース情報 > IT重説解禁!重要事項説明書のオンライン化で不動産を借りる時どうなる?

不動産業界もIT化

やっと!

やっと進んできましたね、不動産業界のIT化。

不動産業界はホンマにアナログで遅れている業界です。

未だに電話営業、訪問営業をしているぐらいですから、もう化石化しています。眠る化石業界(笑)

その中で、重要事項説明という不動産の契約に関して、IT化されることになりました。

今回はその内容を詳しく説明します。

IT重説とは?

IT重説とは、インターネット等を利用し、対面以外の方法で不動産の売買契約および賃貸借契約における重要事項説明を行うこと。
現在の宅地建物取引業法においては、宅地建物取引士が購入者(賃借人)に対し、重要事項説明書を交付し、宅地建物取引士自らが対面で説明を行わなければならないことになっているが、2013年(平成25年)に策定された「IT利活用の裾野拡大のための規制制度改革集中アクションプラン」において、インターネット等を利用した、対面以外の方法による重要事項説明について、具体的な手法や課題への対応策に関する検討を行うこととされた。
まずは「社会実験」を行い、課題と解決策の洗い出しを行った上で、実現に向けた検証に移行していく段階である。

 引用:suumo

対面じゃなくてもいい

今までは、face to faceで重要事項説明を行うことが義務づけられていたのですが、

この度、それが緩和されました。

重要事項説明はしないといけない

ここは絶対みたいですね。

電話はダメ

画像(書面)を見て、説明は必須です。

スカイプ(ネット会議はOK)などのPCとネット環境があればOK

ネット環境が整っており、事前に契約書が手元にあることが条件になります。

たとえ、テレビ電話でも、説明を受ける人が契約書を所持していなければ、それは無効になります。

現段階では賃貸物件に限られる

ここはネックです。賃貸借契約書に限り、という、縛りがあります。

なぜ売買はできない?ということになりますよね。

額の大きさで決めているのかな・・・・。

デメリット

特になし

ネット環境がなければ、IT重説はできません。

IT重説のメリット

海外にいながらでも日本の賃貸物件を契約することが可能

通常、契約前に重要事項説明を行わなければ、契約違反になるのですがIT重説化されれば、

  • 契約者:海外
  • 説明者:日本

でも、事前に重要事項説明が可能になりますね。

でも、今まで、海外にいる人も、先に契約していたような気が・・・。

法人さんにとっても便利≒楽ちん

法人さんはどちらかというと、この重要事項説明にかける時間を嫌います。

そもそも、あまり興味がない(笑)

だって、本業じゃないですからね。

まとめ

不動産業界のIT化はこれから、どんどん進んでいくでしょう。

AIが入ってくると、すべてが自動化され、人を必要としない業務になりますからね。

今度が楽しみです。


こんな方のご相談を受けています

「借りたい」

  • 転勤で地域のことがよくわからない
  • 子どもをこの小学校に通わせたい
  • 大学の近くに住みたい
  • この地域にお店を出店したい
  • 駐車スペースを探してほしい
  • 近隣住民の方とのトラブルを解消してほしい

「貸したい」

  • 満室にしてほしい
  • 賃貸経営が上手くいかない
  • 入居者とのやり取りをお願いしたい
  • 滞納者がいて困っている
  • 空き家を活用したい

「売りたい」

  • 相続で得た土地・建物をどうしたらいいのかわからない
  • キャッシュが回らないので処分したい
  • 資産の借り換えをして資産UPしたい
  • 資産の整理をしたい

「買いたい」

  • 手狭になった賃貸マンションから持ち家がほしい
  • ずっと探してるけど土地がみつからない
  • この地域に家を建てたい
  • キャッシュを得るため・節税のため、収益物件がほしい
  • 倉庫を建てるための土地がほしい

「その他」

  • この地域に企業を誘致したい
  • この地域に物件が不足している
  • この地域をもっと良くしたい

多くのお客様にキータウンが選ばれる理由

岡山で資格保有会社5社未満の
「CPM(米国公認不動産経営管理士)」の資格を保持

賃貸不動産経営判断のプロフェッショナルであり、岡山で資格保有会社5社未満の「CPM(米国公認不動産経営管理士)」の資格を保持しています。

単に賃料減額提案・売却ではなく、ロジカルに分析・総合判断します。

賃貸管理業界10年以上の実績

キータウンは対面の接客でお客様の様々なご要望に応え、快適な住空間をご提供いたします。

また、岡山以外でも全国からの最新設備のお部屋をご紹介可能です。

★売却の判断

売却の目的をヒアリングし手段と方法を検討できる判断ができます。

手法としては・・・ 「今、売却する場合の売却価格を算出する→今、売却した場合のATCFを計算する→今、売却した場合の投資から出口までの最終収支を計算する→将来のNOIを予想する→将来の保有中のATCFを予想する→X年後の利回りを予想し、売却価格を算出する→X年後、売却した場合のATCFを計算する→X年後、売却した場合の投資から出口までの最終収支を算出する→今、将来を比較分析する」

お客様のご要望に合わせて、専門家と連携

お客様一人ひとり、ご要望が異なります。

その方に合った専門家(税理士・保管会社・ファイナンシャルプランナー等)や、他の不動産会社と連携を取り、対応することが可能です。

取り扱える物件は9割以上にものぼります。

キータウンはお客様の「信頼」から成り立っている企業です。

ご不明点などございましたら、何なりとお申し付けください。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(営業時間外でもお気軽にお電話ください。)

次に読んでほしい記事はこちら

EDITOR

柴山 貴志

1983年8月
大阪府寝屋川市出身

ー 経 歴 ー

「管理」という言葉に、漠然とした興味があり、2009年に業界へ転身。
「賃貸仲介」「賃貸管理」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「不動産コンサル」の不動産全般を担当。

ー 資 格 ー

CPM(米国不動産経営管理士)、宅地建物取引士、古民家鑑定士、相続診断士、その他

Contact

不動産に関することなら何でも、お気軽にご相談ください。

キータウンにできることを誠心誠意ご対応いたします。

また、ご意見ご質問等も承っております。

キータウンに相談する

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)