岡山で賃貸管理・不動産投資をサポート 〒703-8282 岡山市中区平井5丁目7-39 9:30〜18:30(定休日:水曜日・祝日)
LINEで相談
お問い合わせ
TOP > 不動産ハックブログ > 不動産ニュース情報 > 大東建託の子会社 ・大東エナジー(いい部屋でんき)が撤退?!大手でも電気事業は難しい?

大東建託の子会社 ・大東エナジー(いい部屋でんき)が撤退?!大手でも電気事業は難しい?

2017.11.28

不動産ニュース情報

賃貸管理物件、全国NO,1の大東建託が運営している子会社、大東エナジーが小売り電力から徹底しましたね。

そもそも、小売り電力のスキームを知らない方も多いはず。。

電力というのは国が定めた数値を常時確保しなければいけないので、

予備で余剰電力を確保しています。

その余剰電力を小売り電力会社が購入し、エンドユーザーに安価に提供しています。

なぜ大東エナジーは撤退したのか?

確実にもうかるのでは?という声もありますが。

大東エナジーは撤退しました。なぜ?

1.リスクが大きい

大東エナジーは余剰電力を一社で購入していました。

通常の電気小売業者は、いくつかの業者が集まって、共同購入しているケースが多いです。

2.商品が予想以上にさばけない

大東建託の物件はワンルームが多く、あまり電気を使わない方が多く、おもったより、電力をさばけなかったのでしょう。

3.2、3月に手続きが集中するため、それをさばけない

賃貸市場の繁忙期が1-3月で、かたまって電力の切り替えをおこなわなければなりません。

しかし、実際のところ、手続きのミスや切替ができていない、など、トラブルが発生していました。

 

今後、小売り電力会社が撤退する可能性があるかどうか。

答えは、YESで、大東エナジーを同じスキームで行っていれば、可能性が高くなるでしょう。

大手が撤退するということは、リスクがあるということ。

事業は常にリスクと隣り合わせです。

やり方次第で、大東エナジーはV字回復できていたかもしれませんね。

この記事を書いた人

柴山 貴志

株式会社キータウン 代表取締役
CPM®(米国公認不動産経営管理士)

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)

Contact

不動産に関することなら何でも、お気軽にご相談ください。

キータウンにできることを誠心誠意ご対応いたします。

また、ご意見ご質問等も承っております。

キータウンに相談する

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(定休日:水曜日・祝日)