賃貸・売買・管理 不動産のことなら 株式会社キータウン

TOP > ブログ > 不動産ニュース情報 > 勝手に水道や電気を使わせないための対策法【水道開けっ放し事件】

勝手に水道や電気を使わせないための対策法【水道開けっ放し事件】

  • 2021.03.23
  • 不動産ニュース情報

私はこの岡山エリアで10年間以上、不動産業界に従事しています。

現在は、「賃貸管理・仲介」「売買買取・仲介」「テナント誘致」「定期借地」「リフォーム・リノベーション」「講師業(宅建)」「不動産コンサル(資産活用)」、そして岡山・大阪を中心に「不動産投資」を行っています★

★CPM(米国公認不動産管理士)が在籍する不動産屋★
「買いたい」
「借りたい」
「売りたい」「貸したい」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
私たちは不動産をロジカルな視点から
お客様それぞれの「想い」にお応えします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

他人の蛇口を勝手に開いて水だしっぱなし 府警が動いた

不謹慎なニュースが入ってきましたね。

有料会員じゃないと続きが見れないらしいですが、特に結末を知りたいわけではありません。

実はこれ、不動産管理を行っている方は一度は経験したことがあると思われます。

「他人のインフラを勝手に開栓・閉栓」

私たちは、仕事上、管理物件のインフラ(水道、電気、ガスなど)を開栓、閉栓することができます。

特に権利があるわけではなく、電話1本で可能です。

今回は「外の散水栓の蛇口を勝手に開けっ放しにされた」とうことですが、これに関しては、私たち不動産管理会社としては、使用者の管理不足としてとらえてしまします。

だって、水を使えるようにしているのは、使用者本人ですからwww

使われたくないなら、下記3つの方法があります。

水道を勝手に使われないようにする対策

①そもそも散水栓を取り外す

散水栓があるから使われるんだよね。

②蛇口の回すところを取り外しておく

これ、不動産管理会社ならみんな持ってる。

蛇口に鍵をかける

超厳重管理をするからは、こちらがおススメ。

コンセントから勝手に電気を使わせないための対策

また、電気も同じです。

最近は、電気自動車用に、屋外コンセントを設置する住宅が増えました。

このコンセントで、携帯やPCを充電したり、他人が使用することも可能です。

これを防ぐには2つの方法があります。

電源コンセントカバー

カバーを開けたらだれでも使えますが、わざわざ開けるのが面倒ですし、コンセント自体を守れるため便利です。

室内で別スイッチを増設

こちらに関しては電気屋さんと相談して、電気工事を行ってもらいます。

使うときだけ、室内のスイッチをON
外出する際は、室内のスイッチをOFF

ちなみにガスの使用に関しては

ガスは勝手に開栓はできません(ほぼ、立ち合いが必要なので)

最後に

たいがいは、嫌がらせか逆恨みです。

こんな暇なことする時間があるなら、何か一つでも良いことをする時間にあててほしいものです。

Share この記事をシェアする

Writer この記事を書いた人

柴山貴志

株式会社キータウン 代表取締役

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

この人が書いた記事をもっと見る

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

Contact

岡山県内ならどこでも無料で
出張・相談いたします

少しでも気になることがございましたら、お気軽にご予約・ご相談ください。
また、ご意見・ご質問等も承っております。
下記のお問い合わせフォーム、またはお電話でお問合せください。

電話でご相談

086-230-1143いい資産

9:30〜18:30
(水・祝日定休)

メールでご相談

オンラインによるご相談も可能です。
まずはメールにてご予約ください。

でご相談

忙しい方でも気軽に、
スピーディーなやりとりが可能です。