岡山の不動産投資なら株式会社キータウン 〒703-8282 岡山市中区平井5丁目7-39 9:30〜18:30

更地にしたら固定資産税が6倍になると言われているホントのカラクリ

不動産・土地の有効活用 19/10/26
TOP > 不動産ハックブログ > 不動産・土地の有効活用 > 更地にしたら固定資産税が6倍になると言われているホントのカラクリ

不動産の中古市場

国の政策で中古住宅を活用する優遇措置が取られている今日この頃、しかし、思った以上に中古市場は動いていませんね。

 

中古住宅の築浅物件は非常に活発に動いていますが、ボロ物件になると、投資目的で購入する以外は、ほとんどの場合、更地にして、新しく新築住宅用地として活用されます。

売却依頼のあった売主さんから良く聞かれることなのですが、「更地にすると、固定資産税が高くなるって聞いたんですが、そのままの状態で売却できませんか?」

この質問、何百回と聞きましたwww

 

基本的に更地にした方が、土地価値が向上するので、固定資産税も上がるのですが、その逆のケースもあります。

そこで、家を取り壊した方が得か、残した方が得か?少し解説していきます。

 

家を取り壊した方が得か、残した方が得か?

固定資産税と都市計画税

そもそもですが、樋と建物にかかる税金として固定資産税と都市計画税があります。

固定資産税は家を所有するとどうしてもついてくる税金です。

都市計画税は主に「公園・道路・下水道などの都市計画事業や土地区画整理事業に充てられる」ことを目的に「受益者負担」の概念で徴収する税金です。

  • 固定資産税:家を所有すると発生する税金
  • 都市計画税:「公園・道路・下水道などの都市計画事業や土地区画整理事業に充てられる」ことを目的に「受益者負担」の概念で徴収する税金

 

固定資産税の税率は全国一律で1.4%で、都市計画税は市町村が上限で0.3%で決めることができます。

 

  • 固定資産税=固定資産税評価額×1.4%
  • 都市計画税=固定資産税評価額×上限0.3%

 

この税金は、所有している土地と建物それぞれにかかり、居住している土地・建物だけでなく賃貸アパートや貸し駐車場、空き地にもかかってきます

また、上記の固定資産税評価額とは、役市町村の自治体担当者が一つずつ確認して「固定資産税評価基準」に基づいて決めています。

目安ですが、土地時価の約70%、建物なら新築時で、請負工事額の50~60%で築年数を重ねると評価額は下がってきます。

 

家が建っていれば土地の税金は安くなる?

結論から言うと、「建物割合が比較的多いと、更地にした方が税金は安くなる場合が多い」

少し濁した言い方かもしれませんが、税金支払いが安くなる特例措置などがあり、一概に言えないのです。

 

例えば、

小規模住宅用地:住戸1戸につき200㎡までなら

  • 固定資産税の課税標準×「1/6」←これがいわゆる6倍のカラクリ
  • 都市計画税の課税標準×「1/3」

一般住宅用地:住戸1戸につき200㎡を超えた部分は

  • 固定資産税の課税標準×「1/3」
  • 都市計画税の課税標準×「2/3」

 

上記の特例にはめてみると、

例)

土地180㎡:固定資産税評価額2,000万円

家:固定資産税評価額500万円

【土地にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 2,000万円×1/6×1.4%+2,000万円×1/3×0.3%=6.66万円

【家にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 500万円×1.4%+500万円×0.3%=8.5万円

よって合計15.6万円にになります

 

この内容を頭に入れたうえで、

2つのケースを紹介します。

A)

土地180㎡:固定資産税評価額800万円

家:木造築30年 固定資産税評価額250万円

①家を維持する場合

【土地にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 800万円×1/6×1.4%+800万円×1/3×0.3%=2.65万円

【家にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 250万円×1.4%+250万円×0.3%=4.25万円

よって合計6.9万円

②更地にした場合

【土地にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 800万円×0.7×1.4%+800万円×0.7×0.3%=9.52万円

 

B)

土地180㎡:固定資産税評価額1,200万円

家:RC10年 固定資産税評価額1,000万円

①家を維持する場合

【土地にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 1,200万円×1/6×1.4%+1,200万円×1/3×0.3%=4万円

【家にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 1,000万円×1.4%+1,000万円×0.3%=17万円

よって合計21万円

②更地にした場合

【土地にかかる固定資産税と都市計画税の金額】

  • 1,200万円×0.7×1.4%+1,200万円×0.7×0.3%=14.28万円

 

Aでは、更地にしたほうが高くなっています。

6.9万円 < 9.52万円

Bでは、更地にしたほうが安くなっています。

21.0万円 > 14.28万円

最後に

家を解体するかどうかはご家族とよく話し合い、税務署・税理士に確認することをお勧めします。

また200㎡を超えてくると、複雑な計算になりますので、必ず税務署・税理士などにご確認をお願いします。


こんな方のご相談を受けています

「借りたい」

  • 転勤で地域のことがよくわからない
  • 子どもをこの小学校に通わせたい
  • 大学の近くに住みたい
  • この地域にお店を出店したい
  • 駐車スペースを探してほしい
  • 近隣住民の方とのトラブルを解消してほしい

「貸したい」

  • 満室にしてほしい
  • 賃貸経営が上手くいかない
  • 入居者とのやり取りをお願いしたい
  • 滞納者がいて困っている
  • 空き家を活用したい

「売りたい」

  • 相続で得た土地・建物をどうしたらいいのかわからない
  • キャッシュが回らないので処分したい
  • 資産の借り換えをして資産UPしたい
  • 資産の整理をしたい

「買いたい」

  • 手狭になった賃貸マンションから持ち家がほしい
  • ずっと探してるけど土地がみつからない
  • この地域に家を建てたい
  • キャッシュを得るため・節税のため、収益物件がほしい
  • 倉庫を建てるための土地がほしい

「その他」

  • この地域に企業を誘致したい
  • この地域に物件が不足している
  • この地域をもっと良くしたい

多くのお客様にキータウンが選ばれる理由

岡山で資格保有会社5社未満の
「CPM(米国公認不動産経営管理士)」の資格を保持

賃貸不動産経営判断のプロフェッショナルであり、岡山で資格保有会社5社未満の「CPM(米国公認不動産経営管理士)」の資格を保持しています。

単に賃料減額提案・売却ではなく、ロジカルに分析・総合判断します。

賃貸管理業界10年以上の実績

キータウンは対面の接客でお客様の様々なご要望に応え、快適な住空間をご提供いたします。

また、岡山以外でも全国からの最新設備のお部屋をご紹介可能です。

★売却の判断

売却の目的をヒアリングし手段と方法を検討できる判断ができます。

手法としては・・・ 「今、売却する場合の売却価格を算出する→今、売却した場合のATCFを計算する→今、売却した場合の投資から出口までの最終収支を計算する→将来のNOIを予想する→将来の保有中のATCFを予想する→X年後の利回りを予想し、売却価格を算出する→X年後、売却した場合のATCFを計算する→X年後、売却した場合の投資から出口までの最終収支を算出する→今、将来を比較分析する」

お客様のご要望に合わせて、専門家と連携

お客様一人ひとり、ご要望が異なります。

その方に合った専門家(税理士・保管会社・ファイナンシャルプランナー等)や、他の不動産会社と連携を取り、対応することが可能です。

取り扱える物件は9割以上にものぼります。

キータウンはお客様の「信頼」から成り立っている企業です。

ご不明点などございましたら、何なりとお申し付けください。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(営業時間外でもお気軽にお電話ください。)

次に読んでほしい記事はこちら

EDITOR

柴山 貴志

1983年8月
大阪府寝屋川市出身

ー 経 歴 ー

「管理」という言葉に、漠然とした興味があり、2009年に業界へ転身。
「賃貸仲介」「賃貸管理」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「不動産コンサル」の不動産全般を担当。

ー 資 格 ー

CPM(米国不動産経営管理士)、宅地建物取引士、古民家鑑定士、相続診断士、その他

Contact

不動産に関することなら何でも、お気軽にご相談ください。

キータウンにできることを誠心誠意ご対応いたします。

また、ご意見ご質問等も承っております。

お問い合わせフォームはこちら

お見積やご相談、詳しいお話をお聞きになりたい方は、
お問い合わせフォームをご利用下さい。

086-230-1143

9:30〜18:30
(営業時間外でもお気軽にお電話ください。)