賃貸・売買・管理 不動産のことなら 株式会社キータウン

TOP > ブログ > 家を買う時 > 岡山の建売住宅を不動産屋目線で徹底比較【part2.商品編前半】

岡山の建売住宅を不動産屋目線で徹底比較【part2.商品編前半】

  • 2021.08.17
  • 家を買う時

この記事は「住宅購入を考えているけど、色々な建売住宅があってよくわからない。何がどう違うの?」というような方向けに書いています。
この記事を読むことで安心して、建売住宅を選択できることができます。

私はこの岡山エリアで10年間以上、不動産業に従事しています。
現在は、
「賃貸管理・仲介」「売買買取・仲介」「テナント誘致」
「定期借地」「リフォーム・リノベーション」
「講師業(宅建)」「不動産コンサル(資産活用)」、
岡山・大阪を中心に「不動産投資」を行っています★

★CPM(米国公認不動産管理士)が在籍する不動産屋★
「買いたい」
「借りたい」
「売りたい」「貸したい」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
私たちは不動産をロジカルな視点から
お客様それぞれの「想い」にお応えします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

建売住宅の比較

以前の記事で、建売住宅の会社内容をご紹介しましたが、

今回は建物の商品比較を行っていきます。

建売って、ほんと、見た目はほぼ同じです。
見てわかるのって、室内に家具があったりなかったり、ぐらいです。

詳しく見てみないとわからないことだらけなので、その辺を中心に説明していきます。

1:保証

まずは、新築の特権として、どのような「保証」が付随しているのか?
とうことですが、建売住宅の保証は注文住宅を同様です。

建物の構造体(主要部分)

ほどんとのメーカーさんが10年(その後、有償)で、唯一、カバヤホームが15年でした。

  • 防水は 10年(その後、有償)
  • 防蟻は 10年(その後、有償)
  • 地盤は 10年(その後、有償)
  • 設備は 10年(項目限定で10年の間に壊れても、無料で修理してもらうことが可能)

この設備保証に関してはメーカーによって異なり、かつ建築時期によっても異なる場合があるので、こちらは随時、確認された方が良いです。

分かりやすい図がヘルシーホームさんのHPにあったので、こちらの内容を代表としてご説明いたします。

■給湯器 (ガス・電気・エコキュート)本体・操作パネル

給湯器

■洗面化粧台 スイッチ/くもり止めヒーター/換気扇/混合水栓

 

洗面化粧台

 

■温水洗浄トイレ 温水洗浄便座/換気扇

温水洗浄トイレ

 

■システムキッチン コンロ(ガス・IH)/レンジフード/混合水栓(ビルトイン浄水器含む)

システムキッチン

 

■システムバス 浴室換気(暖房)乾燥機/混合水栓

システムバス

参考:会社概要 / アフター等|【tochito】岡山・倉敷の新築一戸建て・分譲住宅

10年以内に不具合が起きやすいものとしては、下記が上げられます。

  • 1位:ガス給湯器(自動お湯張りの不具合)
  • 2位:バス水栓(温度調整の不具合)
  • 3位:キッチン水栓(止水の不具合)

なのでこの設備保証は非常に嬉しいです。

なぜなら、10年以内に壊れる可能性が高いので、余計なコストがかからず、将来設計しやすくなります。

2:構造

木造にも色々な構法があり、すべての構造が木造かつ構法が、木造軸組構造と言われるものです。

簡単に言えば、昔ながらの大工さんの組み立て方式です。

私は不動産屋なので、めちゃめちゃ詳しいわけではないですが、どのメーカーの建売住宅も同じ構造なので、ここは特に問題になる項目ではありませんね。

3:基礎

代表的なのは「ベタ基礎」と「布基礎」と呼ばれるものがあります。

ランクとしては【ベタ基礎 > 布基礎】

ベタ基礎は布基礎と比較すると、耐震性に優れており湿気が上がってこないが、そのかわりコストが布基礎を比べると高い。

すべてのメーカーが「ベタ基礎」と言われる基礎なので、「良い基礎を使っている」と思っていただければよいかと思います。

4:断熱材

ここっ! 非常に重要です。

なぜなら、断熱材の内容によって、将来の気密性が変わってくるからです。
詳しくは以前の記事で見てやってください。

ほどんどがグラスウールという断熱材を使用しているのですが、「ヘルシーホーム」さんと「秀光ビルド」さんは、断熱性能が高いと言われている発砲ウレタンフォームを使われています。

建売住宅で発砲ウレタンフォームを使っているので、非常に嬉しいです。

ポイント高い!

5:窓ガラス

今回の比較にあたって、建売住宅の窓は「LOW-E複層ガラス」と「一般複層ガラス」の2種類が使われています。

参照:ペアガラスは時代遅れ?断熱ガラス徹底解説!

図のように、右に行けば性能が良くなるのですが、私個人の見解では、「LOW-E複層ガラス」が使われていたら、特段問題は無いのかなと感じます

もちろん、トリプルガラスの方が性能は良くなりますが、売却や賃貸にした際に、金額が異なるかと言ったら、全く同じなので、ランクでいうと「並」で問題ありませんね。

中にはヘルシーホームさんのように、「LOW-E複層ガラス+アルゴンガス」という中間タイプも存在します☆

まとめ

いかがだったでしょうか?

次回は後編として、更に深堀していきたいと思います。

月に10組ほど、お客様に建売住宅をご紹介していますが、今回の内容をご説明すると、非常に喜んでいただけます。なぜなら、見た目では区別がつかなく、最終的に価格とエリアで決まってくるからです。

建物を比較して、重要なポイントを押さえて、かつ、後半にはサービス面で比較することをお勧めします。

不動産のことでお悩みではありませんか?

お客様の資産管理、出口戦略まで考えて提案が出来る不動産会社は多くありません。キータウンは数少ないその1つです。

キータウンはただ不動産の売買や仲介だけをするだけでなく、不動産を大事な資産と考えて、ベストな不動産の活用方法をご提案できる、コンサルティング型の不動産会社です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

Share この記事をシェアする

Writer この記事を書いた人

柴山貴志

株式会社キータウン 代表取締役

「管理」という言葉に漠然と興味があり、2009年に業界へ転身。「賃貸仲介」「賃貸管理」「リノベーション」「売買仲介」「賃貸経営」「WEB戦略」「テナント誘致」「企業セミナー講師」「宅建講師」「不動産コンサル」「調停員登録」、不動産全般をこなす。

この人が書いた記事をもっと見る

お問い合わせ

Contact

岡山県内ならどこでも無料で
出張・相談いたします

少しでも気になることがございましたら、お気軽にご予約・ご相談ください。
また、ご意見・ご質問等も承っております。
下記のお問い合わせフォーム、またはお電話でお問合せください。

電話でご相談

086-230-1143いい資産

9:30〜18:30
(水・祝日定休)

メールでご相談

オンラインによるご相談も可能です。
まずはメールにてご予約ください。

でご相談

忙しい方でも気軽に、
スピーディーなやりとりが可能です。